カテゴリー別アーカイブ: 館内アート情報

客室アート アーティスト紹介 ⑧

 

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

春にリニューアルオープンした当館では、

 

各客室ごとにセレクトしたアートを飾っております。
アートは、京都に縁のある素敵な8組のアーティストの作品です。
このコーナーを使って、今回8組目のアーティストの紹介をさせていただきます。

 

 

 

~ 27 [八木夕菜+寺脇扶美] ~

 

s-27

 

27(ニーナ)は、写真家 八木夕菜さんと日本画家 寺脇扶美さんのユニットです。

和紙に描かれた美しく柔らかい優しい配色の日本画と写真を編み上げて作られた
素敵な作品を今回セレクトしています。

お二人の繊細な感覚のコラボレーションで生み出された、柔らかさとシャープさが絶妙に組み合わされた作品は独特な空気感を持ち合わせて形づくられています。

シングルルームにて作品をご堪能頂けます。


27(ニーナ)は、Fumi Terawaki + Yuna Yagiからなる創作活動体。

寺脇扶美  / Fumi Terawaki
1980年愛知県生まれ。2007年 金沢美術工芸大学大学院 美術工芸研究科 絵画専
攻 日本画コース 修了。京都市在住。「写生・描くこと」「価値・視点・認識」
を考察し、近年は主に日本画技法とエンボス加工を併用した平面作品を制作して
いる。

http://fumiterawaki.tumblr.com/

八木夕菜 / Yuna Yagi
1980年生まれ。KIDI 金沢国際デザイン研究所 建築デザイン学科を経て、パーソ
ンズ美術大学 建築学科修了。ニューヨーク・ベルリンで建築設計事務所に務め
た後、2009年に帰国。現在は京都を拠点に写真家として活動している。近年は写
真を使った立体作品や映像を発表。分野を問わない様々な表現をしている。
www.yunayagi.com

 

 

 それぞれの素晴らしい作品はもちろんですが、
窓から差し込む自然光や、ライティング、ファブリックなど
空間に合わせて、今回ご紹介した8組のアーティストの絵画を大切に選んでいます。

 

お泊りの際には是非、アート作品もゆっくりお楽しみ下さいませ。

 

 

客室アート アーティスト紹介 ⑦

 

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

春にリニューアルオープンした当館では、

各客室ごとにセレクトしたアートを飾っております。

アートは、京都に縁のある素敵な8組のアーティストの作品です。
このコーナーを使って、今回7組目のアーティストの紹介をさせていただきます。

 

~ _act_ [城下浩伺+TACO] ~

s-城下浩伺+TACO

_act_ は、デザイナーやカメラマン、翻訳者など、さまざまなジャンルから協力
者が集い、関西を拠点に活動するクリエイターのプラットフォームとして機能するユニット。

今回_act_からは、城下浩伺さんとTACOさんの合作によるペイントをセレクトさ
せていただいています。

城下さん単独の作品とはまた違い、TACOさんとのコラボレーションによりそれぞ
れの個性が新たな観点で呼び起され、有機的なドローイングの作品に仕上がっています。

シングルルーム・ハリウッドツインルームの一部にて、ご堪能頂けます。

———————————————————————————————

城下浩伺

1974年生まれ。京都造形芸術大学卒業。約10年間未発表のまま絵を描きためた後、
2013年4月、大阪中崎町のギャラリー「iTohen」での初個展をきっかけに発表を
始める。
国際コンペ「アートオリンピア(2015)」にて52カ国4180点中、第5位入賞。
http://koji-shiroshita.com

———————————————————————————————

TACO

1982年大阪生まれ。大阪総合デザイン専門学校卒業。2002年より「TACO」として
絵を描き始める。絵を描く事は奇跡だと思う。それは「生命力」や「イノチ」そ
のものでもある。わたしはそれを描いている。「第1回 FOIL AWARD」(2013-14)
では最終選考者の一人となる。

———————————————————————————————

 

次回はアーティスト  27 [八木夕菜+寺脇扶美] さん をご紹介いたします。

 

 

客室アート アーティスト紹介 ⑥

 

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

 

春にリニューアルオープンした当館では、

 

各客室ごとにセレクトしたアートを飾っております。

 
アートは、京都に縁のある素敵な8組のアーティストの作品です。
このコーナーを使って、今回6組目のアーティストの紹介をさせていただきます。

 

 

 

~ 八木 夕菜 -YUNA YAGI- さん~

 

 

八木 夕菜

 

 

幼少期から世界各地のアートや文化に触れてきた八木さんは現在、

京都を拠点に写真家・アーティストとして活躍中です。

 

 

つい先日は、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2016インターナショナル・ポートフォリオレビューで、HASSELBLAD Prizeを受賞されました!

 

 

数々の美しい情景を夕菜さんの独特の視点で切り取られた作品は
透明感があり、タイムレスで、瑞々しい空気感が流れています。是非ゆったりと
お楽しみ下さい。

 

 

八木夕菜さんの作品は、シングルルーム・ツインルームの一部で、ご堪能頂けます。

 

 

—-

八木夕菜 / YUNA YAGI

 

1980年生まれ

2000-02       KIDI 金沢国際デザイン研究所 建築デザイン学科
2002-04       ニューヨーク・パーソンズ美術大学 建築学部
2004-05       LOT/EK ニューヨーク建築事務所にて、インターンシップ
2005-07       SBA+DMA(坂茂建築設計ニューヨーク支社)
2007-09       GRAFT ARCHITEKTEN、ベルリン建築設計
2009-10       Y邸 設計、Kyoto

2010 2月      YUNA YAGI  「PAUSE」 個展、K GALLERY, TOKYO
2010 5月      「3人展」、グループ展、GALLERY A、KYOTO
2013 2月      「せいしゅん」 写真グループ展、 note et sort, TOKYO
2015 2月      「2,3,4,5」 グループ展、23 GALLERY, KYOTO
2015 4月      「IT’S ONE-WORLD – ひとつになる世界-」 個展、ABS GALLERY,
KYOTO
京都国際写真際 2015 / KYOTOGRAPHY 2015
2016 4月 「One-World / Collapsing World」個展、ozasahayashi gallery,
KYOTO
京都国際写真際 2016 / KYOTOGRAPHY 2016

 

www.yunayagi.com

 

 

次回はアーティスト  _act_ [城下浩伺+TACO] さん をご紹介いたします。

 

 

客室アート アーティスト紹介 ⑤

 

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

 

春にリニューアルオープンした当館では、

 

各客室ごとにセレクトしたアートを飾っております。
アートは、京都に縁のある素敵な8組のアーティストの作品です。
このコーナーを使って、今回5組目のアーティストの紹介をさせていただきます。

 

 

~ 三嶋安住  – Anju Mishima – さん~

s-三嶋 安住

イタリアのヴェネチアで生まれ、日本へ移住。2011年から拠点を京都に移された
三嶋さんの作品は、安住さんのインスピレーションのもと、美しく繊細で透き通るような作品や、

とても鮮やかな色彩で生み出されたエネルギッシュな作品など、数々。

今回、当館では西側のお部屋には鮮やかな油彩の作品を。
南側のお部屋には銀の和紙に描かれた美しい作品を飾っています。

京都のGOJO PLACE (五条通・新町通の南東角の賃貸マンション)のエントラン
スにも作品が飾られています。
なかなかマンションへ入ってご覧頂くことは出来ませんが、下記ブログにてそ
の素敵な作品が紹介されています。
http://gojoplace.com/blog/1/atcl/131/detail.html
三嶋安住さんの作品は、ツインデラックスルームの一部のお部屋にてご堪能頂けます。

 

 

—–

三嶋安住  – Anju Mishima -

1989年ヴェネツィア生まれ。ペンを握り始めた子供の頃から描くことを続ける。
2004年ヴェネツィア国立美術高等学校で一年を過ごした後、2006年東京に移住。
2011年アトリエと住居を京都に移す。

「横浜トリエンナーレ2014」に母であり、ガラス作家の三嶋りつ惠とのユニットで参加。

 

 

次回はアーティスト 八木 夕菜 さん をご紹介いたします。

 

 

客室アート アーティスト紹介 ④

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

春にリニューアルオープンした当館では、

各客室ごとにセレクトしたアートを飾っております。
アートは、京都に縁のある素敵な8組のアーティストの作品です。
このコーナーを使って、今回4組目のアーティストの紹介をさせていただきます。

 

 

~ 高橋 涼子 – Ryoko Takahashi – さん~

s-高橋涼子

京都精華大学を卒業された高橋さんの作品は、ヘアードローイング。

髪の筆と墨を用いて描かれています。リニューアル後、シンプルで落ち着く空間に蘇った客室に

星や、雨、風、などの自然をモチーフに、滑躍動的なタッチで描かれた作品が気持ちよく映えています。

髙橋涼子さんの作品は、シングルルーム・ツインルーム・ハリウッドツインルーム・デラックスツインルームの一部でご堪能頂けます。

 

 

—-

高橋 涼子 – Ryoko Takahashi -

1980年 大阪生まれ。2004年 京都精華大学芸術学部造形学科版画専攻 卒業。[個展]
2006年 Shin-bi(京都) / 2007年 ANEWAL Gallery(京都)
2008年、2009年、2010年 Studio J(大阪)/ 2011年 LABOLATORY(京都)、
Gallery Momo Ryogoku(東京) / 2012年 Studio J(大阪) / 2013年
Gallery Momo Projects(東京)

[主なグループ展]
2008年「MiArt 2008」Fiera Milano International(ミラノ)
2009年「ECHO TOUR 09」京都府庁旧館(京都)、「京都現世美術館2009」建仁寺
境内 禅居庵(京都)、「Vantan Tokyo」Galerie eof(パリ)、「Voala Vantan!
」フランス大使館(東京)
2010年「群馬青年ビエンナーレ 2010」群馬県立近代美術館(群馬)
2012年「Summer group show」GALLERY MoMo Roppongi(東京)
2013年「I AM GIULIETTA, THE DRIVE ART EXHIBITION」スパイラルガーデン(東
京)、「〜OSAKAギャラリーセレクション〜 女性アーティストたちの視点」阪急
うめだ本店9階 アートステージ(大阪)、「to the things themselves」FELT
space(アデレード)

[受賞]
2007年 伊丹国際クラフト展 審査員賞、AMUSEARTJAM2007 準グランプリ

[その他]
2012年「I AM GIULIETTA THE DRIVE ART」映像作品提供

 

 

次回はアーティスト 三嶋 安住 さん をご紹介いたします。

 

 

客室アート アーティスト紹介 ③

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

春にリニューアルオープンした当館では、

各客室ごとにセレクトしたアートを飾っております。

 
アートは、京都に縁のある素敵な8組のアーティストの作品です。
このコーナーを使って、今回3組目のアーティストの紹介をさせていただきます。

 

 

~ 城下 浩伺 – Koji Shiroshita – さん~

s-城下浩伺

 

京都造形芸術大学で学ばれた城下さん。

今回当館で飾らせていただいている作品は、墨を使って描かれたものです。

2015年6月、現代美術の国際コンペティション「Art Olympia 2015」52カ国4180点中、

5位入賞を果たされまた。

点描で描かれた細かいタッチの作品や、墨の瑞々しく滑らかな質感が楽しめる作品まで、バリエーション豊かにお楽しみいただけます。

城下浩伺さんの作品は、シングルルーム・ツインルーム・デラックスルームの一部でご堪能頂けます。

 

 

——

城下浩伺 – Koji Shiroshita -

1974年生まれ。京都造形芸術大学卒業。約10年間未発表のまま絵を描きためた後、
2013年4月、大阪中崎町のギャラリー「iTohen」での初個展をきっかけに発表を始める。
国際コンペ「アートオリンピア(2015)」にて52カ国4180点中、第5位入賞。

http://koji-shiroshita.com

.

次回はアーティスト 高橋 涼子 さん をご紹介いたします。

 

 

 

 

客室アート アーティスト紹介 ②

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

春にリニューアルオープンした当館では、

各客室ごとにセレクトしたアートを飾っております。

 
アートは、京都に縁のある素敵な8組のアーティストの作品です。

 
このコーナーを使って、今回2組目のアーティストの紹介をさせていただきます。

 

 

~ 伊藤 学美 – Manami Ito-さん ~

s-高橋学美

 

 

京都市立芸術大学で学ばれた伊藤さんの作品は、

自身で撮影された写真を基に版を直接刻んで描画をする古典的な技法で、

写真とも絵画とも異なる、独自の映像性を再現された作品です。

モノクロ、シルバー、深い青緑のカラーの、各単色の作品でありあがら、瑞々しく、

深みがあり、とても美しく迫力のある作品です。

デラックスルーム・スイートルーム・EVホールなどでご堪能いただけます。

伊藤学美 – Manami Ito-

1987年 鳥取県生まれ。
2011年 京都市立芸術大学 美術学部 版画専攻 卒業/アールト大学交換留学(フィンランド)
2013年 京都市立芸術大学大学院 美術研究科 絵画専攻 版画領域 修了
2014年 個展/京都アートゾーン神楽岡・京展 版画部門京展賞/京都市美術館
2015年 個展/ギャラリー恵風(京都)
2016年 藝文京展/京都芸術センター・新鋭選抜展/京都文化博物館
個展/stamperia74/b(イタリア・ミラノ)

 

 http://itomanami.pta.red

 次回はアーティスト 城下 浩伺 さん をご紹介いたします。

 

 

客室アート アーティスト紹介 ①

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

春にリニューアルオープンした当館では、

各客室ごとにセレクトしたアートを飾っております。

 
アートは、京都に縁のある素敵な8組のアーティストの作品です。

 
このコーナーを使って、今回各8組のアーティストの紹介をさせていただきます。

 

 

初回は、レストランの作品のアーティストでもある、香西 生子さんをご紹介いたします。

 

 

 

~香西 生子-Ikuko Kousaiさん~

s-香西生子

 

この色鮮やかな作品は、キャンバス地に描かれた作品です。

 
成安女子短期大学卒業後、インスタレーション作品をメインにした展覧会を開かれ、

現在では、照明ファブリック制作、パッケージ用アートワーク、店舗アートワークを手がけられたり、使って楽しめるアートカバンも制作されています。

 

今回当館では、コットン、キャンバス、シルク等様々な素材に色鮮やかに描かれた作品を飾らせていただいています。

 

エネルギッシュなタッチのドローイングが、素材それぞれの表情と相まって、全く新たな美しさが演出されて様々なバリエーションでお楽しみ頂けます。

 

香西生子さんの作品は、ダブルルーム・ツインルーム・デラックスツインルームの一部でご堪能いただけます。

 

そして、先日新たにレストラン・ピアットにも飾らせていただきました。

 

 

是非お楽しみ下さいませ。

 

 

* レストラン・ピアットの絵と香西 生子さん

IMG_0259
—–

香西生子 – Ikuko Kousai -

 

兵庫県出身。
1985年 成安女子短期大学 造形芸術家 染色コーステキスタイル科専攻 卒業
1986年 同短期大学 研究科卒業。京都 ギャラリー成安 グループ展。
1987年 大阪ギャラリーピクチャー 3人展。難波シティーサウスストリートにて
ウォールペインティング
1988年 大阪阪急ファイブストリートギャラリー 個展。プラザホテル ディスプ
レイアート制作。ヒルトンホテル 「幸寿司」オブジェ制作。
1989年 京都「アンデパンダン」出展。
1993年 京都「ギャラリーギャラリー」個展。
2000年までに、主に関西で個展開催。
その後、照明ファブリック制作、パッケージ用アートワーク、店舗アートワーク
を手がけ、近年使って楽しめるアートカバンも制作。ギャラリー、大阪、東京の
百貨店で展示販売。※モロゾフ、キリンプラザ大阪、flameなど。
2015年11月下旬、東京ステーションホテル内、銀座松屋でカバン展示販売。

 

 

次回はアーティスト 伊藤 学美 さん をご紹介いたします。

 

 

レストランPiattoに。

20160602_081652311_iOS

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

本日、ホテル2階のレストランPiattoにアートが入りました。

20160602_082155422_iOS

 

 

客室の絵も手掛けて頂いた、京都に縁のある素敵な8組のアーティストの内の一人、香西 生子(こうさい いくこ)さんの作品です。

 

お越しの際は、是非ご覧くださいませ。

 

 

ランチタイム営業時間 11:30~14:00(オーダーストップ13:30)

カフェタイム営業時間 14:00~17:00(オーダーストップ16:30)

土日祝日も休まず営業しております!

 

|ご予約はこちら|

アランヴェールホテル京都

075-365-5111(代表)