【京菓子】 清浄歓喜団(京御菓子司 亀屋清永)

20160716_022648319_iOS 1

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

今回は、奈良時代、遣唐使が仏教の伝来と共に日本へ持ち込みました歴史あるお菓子を紹介致します。

 

こしあんに七種の香を入れて包み、そのほのかな神秘な香は仏教で言う「清め」の意であり、八つの結びは八葉の蓮華をあらわし、形は金袋になぞらえ、たぎった上質の胡麻油で、揚げてあります。

 

20160716_022827433_iOS 1

 

2016年5月8日放送の真田丸18話「上洛」で、お茶々様が食べていたお菓子として登場したり、大河ドラマ「平清盛」でも平忠盛が食べるお菓子として登場していました。

 

京都市東山区にございます亀屋清永は、このお菓子を製造する唯一の和菓子屋です。

 

販売店のご案内 http://www.kameyakiyonaga.co.jp/contents.php?id=15

 

 

お菓子のルーツとも言われている代表銘菓 清浄歓喜団、

是非一度ご賞味下さいませ。

 

 

 

京御菓子司 亀屋清永 http://www.kameyakiyonaga.co.jp/prod.php?prod_id=1