名和 晃平 w/ アランヴェールホテル京都

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

当ホテルにお越し頂いた際、フロントに飾られております2つの曲線が描かれた絵画。

 

リッツカールトンホテルHOTEL ANTEROOM KYOTOコンラッド大阪にも作品が展示されております、

名和 晃平さんの作品です。

 

一見、書いたように見えますが、実は、

インクを重力のままに垂らし、動かして描いた作品なんです。

 

名和 晃平さんは、広島に去年オープンした、「神勝寺 禅と庭のミュージアム」 内の、

禅寺である神勝寺の境内に建つアートパビリオン「洸庭」にも携われた、幅広い活躍をされる彫刻家です。

 

ちなみに、この洸庭の舟型の建物の下のソテツワラビは、昨年12月にオープンした京町家ホテル 四季十楽にて植物をプロデュースいただいたプラントハンター・西畠清順さんによるものです。

 

 

色々なところで繋がって行くアートの輪。

これからも、ただ泊まるだけの空間ではなく、アートに触れる事のできる空間をご提供できればと考えております。