【観光情報】「悟りの窓」「迷いの窓」~源光庵~

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

源光庵にある丸窓と、角窓。

丸窓は「悟りの窓」、「禅と円通」の心を表し、向きあうことで気付きが生まれ、悟りの境地へと導かれるといわれています。

角窓は「迷いの窓」、「人間の生涯」を象徴し、生老病死の四苦八苦を表現しています。

廊下天井は京都・伏見桃山城の遺構、血天井と呼ばれるものです。
床板を天井にあげ、一党の魂の供養が行われました。

平和な現代を築いた先人の歴史。

忙しない日常から離れ、心静かに過ごすことの出来る名所の一つです。

 

 

【アランヴェールホテル京都からの行き方】

京都市バス
「烏丸五条」停留所から市バス「26系統」で四条大宮へ。
乗り換えて 市バス「6系統」 鷹峯源光庵前 にて下車。バス停から徒歩2分程。