【観光情報】豊国廟(豊巨秀吉のお墓)

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

アランヴェールホテル京都から鴨川に向かって進むとございます清水五条駅。

さらに東へ進むと清水寺がある事でよく知られていますが、

実は、豊臣秀吉ゆかりの建築物が多く存在しています。

 

豊臣秀吉を祀る豊国神社の他に、

実は秀吉本人のお墓があるんです。

 

それは、阿弥陀ヶ峯という山の中腹に位置します。

 

 

京都女子学園・大学の入り口を通り過ぎ、進んでいくと、

鳥居と石階段が姿を現します。

 

 

 

そのまま進むと、授与所があり、その先に廟所へと続く何段もの石段へたどり着きます。

 

 

 

山の中腹ということもあり、息が上がるほどの段数。

 

 

頂上近くで振返ると、どれだけ登ってきたかが分かります。

 

 

 

 

頂上へ着くと、大きな五輪塔 豊臣秀吉のご廟とご対面です。

 

自然の中にひっそりと佇みながら京都を見守る秀吉公。

 

 

 

 

一度足を運んでみる価値のある場所です。

 

 

 

 

 

【アランヴェールホテル京都からの行き方】

 

市バス 5系統(岩倉操車場前行) /市バス 80系統(太秦天神川駅前行)

烏丸五条 → 四条河原町  乗り換え

プリンセスラインバス

四条河原町 → 京都女子大学前

 

タクシーで15分程の距離です。(だいたい1,500円以内の距離です。)

 

※登拝料 100円(小学生までは無料)

 

【観光情報】鴨川の川床(かわゆか)

 

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

夏がもうすぐそこまで近づいてまいりました。

 

京都鴨川沿いでは、5月1日より夏の風物詩 川床(納涼床)が始まっております。

 

暑さが増すにつれ、涼を求めて川沿いに集まる人が増えてきました。

 

5月と9月のみ、昼床もございますので、

のんびりした午後を楽しむ川床ランチなど、いかがでしょうか。

 

 

参考サイト:

Leaf  京都鴨川納涼床2017  https://www.leafkyoto.net/special/yuka/

京の風物詩 鴨川納涼床へのお誘い  http://www.kyoto-yuka.com/

 

 

【アランヴェールホテル京都からの行き方】

 

京阪バス 82系統(大宅行) /市バス 5系統(岩倉操車場前行) /市バス 80系統(太秦天神川駅前行)

烏丸五条 → 河原町五条 下車   鴨川沿い

 

徒歩 約15分(エントランスを出て、左手方向(東へ)五条通沿いにまっすぐ)

 

 

【お食事処紹介】モロッコ料理 ラバラカ

 

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

本日は、国際都市 京都ならではの、普段めぐり合えないようなお料理を紹介致します。

 

そのお料理とは、モロッコ料理です。

 

今回ご紹介する”モロッコ料理ラバラカ”は、モロッコ出身のご主人が作る、

本物のモロッコ料理です。

 

あまり馴染みのないモロッコ料理ですが、

実は、健康的な食事として、スペイン、イタリア、ギリシャ、モロッコの共同提案により無形文化遺産に登録されているんです。

 

クミン、パプリカ、サフランなどの100種類近いスパイスを使い、オリーブをよく用いるのも特徴的です。

 

 

こちらのチキンクスクスは、ひよこ豆、茄子、かぼちゃ、オリーブなどなど、これだけで健康になれそうな食材がきっしり詰まったお料理です。

 

クスクスとは、世界で一番小さいパスタと呼ばれ、北アフリカ、フランスや中東の一部などで主に食されています。

 

 

モロッコティーはミントの入った甘いお茶です。

 

甘みはハチミツとローズウォーターによるもので、体に優しいお茶です。

 

 

京都でのモロッコ体験、いかがでしょうか。

 

 

■アランヴェールホテル京都から徒歩17分程の距離です。

 

 

 

 

 

京町家ホテル 四季十楽(しきじゅうらく) 本日OPEN!

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

 

本日12月1日(木)、新しく京町家ホテルが京都御所西にオープン致しました。

 

京町家ホテル 四季十楽_DSC7931

ホームページ http://shikijuraku.com/

 

 

「京の時間」、「京の心」を体験していただくための独自のおもてなしプログラムと共に、10のタイプからなる京町家をご用意しております。

 

クリエイティブディレクター後藤繁雄のキュレーションのもとに、10人の才人たちが、

とびきりのおもてなしを創案してゆきます。

 

一◎味楽  冷水希三子 (料理家)

二◎美楽  小山泰介 (写真家)

三◎花楽  西山隼人 (花屋「みたて」主人)

四◎匠楽  田根剛 (建築家、門扉・サロンデザイン)

五◎室楽  小林和人 (Roundabout 店主)

六◎画楽  高岡一弥 (アートディレクター)

七◎庭楽  西畠清順 (そら植物園 代表、プラントハンター)

八◎身楽  手島渚 (WHOLE TREAT SPA Inst. 代表、セラピスト)

九◎装楽  野村春花 (染士)

十◎読楽  光村推古書院

 

 

一◎味楽

_94A6222_1

 

 

 

築100年近い京町家で、快よく京都の時を味わっていただける空間をご用意し、

皆様のお越しをお待ち申し上げております。

 

 

 

【四季十楽 WEB掲載情報】

・Lmaga.jp

https://www.lmaga.jp/news/2016/11/17867/?cv=y

 

 

 

 

 

【観光情報】 アサヒビール大山崎山荘美術館

 

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

 

今回は自然に囲まれた美術館、アサヒビール大山崎山荘美術館を紹介致します。

 

20161015_012056781_iOS

 

こちらの山荘は、ニッカウヰスキーの創業にも参画した実業家・加賀正太郎が自ら設計した英国風の別荘です。

 

加賀家の手を離れた後に取り壊しの危機にあったところを、アサヒビール株式会社が創建当時の姿に修復し、安藤忠雄氏設計の新棟「地中の宝石箱」などを加え、1996年4月に開館しました。

 

20161015_022434432_iOS

 

2004年には、「大山崎山荘」の6つの建物が国の有形文化財として登録されています。

 

重厚な造りの建物はもちろん、アサヒビール株式会社 初代社長を務めた山本爲三郎コレクション、さらに12月11日まで展示されているクロード・モネの作品と、見所は満載です。

 

 

芸術だけでなく、2階カフェのベランダから眺める景色も格別です。

 

20161015_015839000_iOS

 

 

紅葉もはじまるこの季節、是非一度お立ち寄り下さい。

 

 

 

 

【アランヴェールホテル京都からの行き方】

 

京都市営地下鉄「烏丸四条」(五条から一駅)にて阪急線へ乗り換え、

梅田方面・特急もしくは快速急行で長岡天神駅まで約15分、長岡天神駅から梅田方面・準急もしくは普通電車(各駅停車)乗り換えで約5分 「大山崎駅」下車

 

「京都駅」(五条から地下鉄で一駅)からJR大阪/網干方面 快速で約15分 「山崎駅」下車

 

阪急大山崎駅前~JR山崎駅前~アサヒビール大山崎山荘美術館の間で無料送迎バスを運行しております。

15分~20分程で徒歩可能です。(但し、急な坂道が続きます。)

 

公式HP :  http://www.asahibeer-oyamazaki.com/

 

 

 

 

 

 

2016年12月 「京町家ホテル 四季十楽」開業 決定のお知らせ

 

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

本日は嬉しいお知らせがございます。

 

_DSC7980

 

 

12月1日に京都上京区で「京町家ホテル 四季十楽(しきじゅうらく)」を開業致します。

 

「四季十楽」は、御所西エリアの築100年程度の町家を全面改修した、10棟からなる京町家スタイルのホテルでございます。

 

「京の時間」、「京の心」を体験していただくための10タイプの空間と独自のおもてなし「十の楽」をご用意致します「四季十楽」は、一般的な京町家の一棟貸しとは異なり、フロントとサロンを備え、スタッフが常駐。

 

格式ばった宿ではなく、京に暮らすように善き時をすごせる宿を目指します。

 

 

ご予約の開始は、10月15日(土)より、

「京町家ホテル 四季十楽」ホームページで承ります。

 

http://shikijuraku.com

 

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

【観光情報】哲学の道~南禅寺 水路閣

IMGP1209圧縮

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

今回は哲学の道・南禅寺の水路閣をご紹介させていただきます。

哲学の道は日本の道100選にも選ばれいて、哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけったといい、この名がつきました。

銀閣寺から琵琶湖疏水沿いの哲学の道を南に下れば、南禅寺方面まで川や緑など自然を感じながら歩くことができます。

また、桜のシーズンも見応えがあります。

 

 

IMGP1244圧縮

 

 

 

 

IMGP1308圧縮

 

哲学の道を抜け、少しばかり南へ歩くと南禅寺の水路閣へと行き着きます。

南禅寺といえばやはりこちらの水路閣がとても有名です。

水路閣は琵琶湖から京都市内へ流れる水路として明治に建てられました。

京都にありながら、どこか異国情緒漂う雰囲気を感じと取ることができます。

写真映えする観光地でございますので、

是非一度お楽しみくださいませ。

 

【アランヴェールホテル京都からの行き方】

<哲学の道>

京都市バス

「烏丸五条」停留所から市バス「急行5番」にて、「銀閣寺道」下車。所要時間約25分。

 

<南禅寺・水路閣>

地下鉄

地下鉄五条駅から 烏丸線 国際会館方面に乗車

烏丸御池駅にて地下鉄東西線に乗り換え、蹴上駅下車。約徒歩10分

京都市バス

「烏丸五条」停留所から市バス「5番」にて、「南禅寺・永観堂道」下車。

所要時間約30分。

 

 

 

 

【京菓子】 清浄歓喜団(京御菓子司 亀屋清永)

20160716_022648319_iOS 1

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

今回は、奈良時代、遣唐使が仏教の伝来と共に日本へ持ち込みました歴史あるお菓子を紹介致します。

 

こしあんに七種の香を入れて包み、そのほのかな神秘な香は仏教で言う「清め」の意であり、八つの結びは八葉の蓮華をあらわし、形は金袋になぞらえ、たぎった上質の胡麻油で、揚げてあります。

 

20160716_022827433_iOS 1

 

2016年5月8日放送の真田丸18話「上洛」で、お茶々様が食べていたお菓子として登場したり、大河ドラマ「平清盛」でも平忠盛が食べるお菓子として登場していました。

 

京都市東山区にございます亀屋清永は、このお菓子を製造する唯一の和菓子屋です。

 

販売店のご案内 http://www.kameyakiyonaga.co.jp/contents.php?id=15

 

 

お菓子のルーツとも言われている代表銘菓 清浄歓喜団、

是非一度ご賞味下さいませ。

 

 

 

京御菓子司 亀屋清永 http://www.kameyakiyonaga.co.jp/prod.php?prod_id=1

 

 

 

【観光情報】 沙羅双樹の寺 東林院

20160620_032618143_iOS

 

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

今回は、沙羅双樹の寺 東林院を紹介させていただきます。

 

梅雨の季節に咲き、雨に打たれて散ってしまう美しい花、

沙羅の花を愛でる会が行われ、6月15日から6月30日までの期間限定で特別に拝観することができます。

 

 

 

20160620_033636000_iOS

 

~祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響き有り。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す。奢れる人も久しからず、只春の夜の夢の如し。猛き者も終には亡ぬ、偏に風の前の塵に同じ。 ~ 『平家物語』

 

 

有名な一節にも登場する沙羅の花が、

苔の上に白い花を咲かしているように見えるこのお庭の光景は、

とても風情があります。

 

 

20160620_035022000_iOS

 

20160620_033042000_iOS

お抹茶付き拝観料 1,600円

 

 

東林寺でこの梅雨の時期ならではの京都を

お楽しみいただくのはいかがでしょうか。

 

 

 

【アランヴェールホテル京都からの行き方】

京都市バス

「烏丸五条」停留所から市バス「26番」へ乗車 → 妙心寺北門前 にて下車

* 妙心寺内にいくつか寺院がございます中の一つが東林院です。

 

 

 

 

 

アルネヤコブセン(ArneJacobsen)のソファ

_U9A9273

 

 

いつもご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

今回は、アランヴェールホテル京都のロビーにございますソファのご紹介です。

 

とても座り心地の良いアルネ・ヤコブセンがデザインした3300シリーズのソファを設置させて頂いております。

 

_U9A9269

 

アルネ・ヤコブセンは、デンマークを代表する建築家兼デザイナーです。

 

1950年終わりにコペンハーゲンのロイヤルホテルを設計し、そのプロジェクトの一環として生まれたのが、「エッグチェア」、「スワンチェア」、「スワンソファ」、そして当館にございます「3300シリーズ」です。

彼の作品はデンマークのみならず世界の文化遺産ともなっています。

 

スワンチェア(参考)

1_000000004143

 

 

納品例として、REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STOREさんのブログにも以前掲載していただいています。
http://www.republicstore-keizo.com/my_first_blog/2014/11/post-544.html

 

当館へお越しの際は、是非このソファの座り心地をお試し下さいませ。